米ぬかコスメ

精米したてのご飯がおいしいと聞き、ネットで玄米の状態で購入することにしました。
でも重たい米を精米所に持っていくのが大変なので、家庭用の精米機を購入しました。
そしたら毎回新鮮な米ぬかが手に入るように・・・・
そのまま捨てるのはもったいないのでこれを再利用しようと決めました。

 

そこでネットで調べると、パックにしたり化粧水にしたり色々できるみたいだったので私も手作りコスメを作りました。

 

最初は一番簡単はパックから始めています。
小麦粉と水と米ぬかを混ぜて作るだけとかなり簡単なんです。

 

米ぬかは取っておいたもので作っても良くないそうなので、研いだ後の新鮮な米ぬかだけを使って作ります。
それでもたくさん米ぬかができるので、使わないものは捨ててしまうのですが・・・もったいないといつも心が痛む。

 

全身分のパック作れば全部使い切ると思うけど・・・面倒なので今は顔の分だけしか作っていません。
でもいつかもっと範囲を広げてパックするのもいいかも!?と思ってみた。

 

あとはぬか床とか作るのがいいのかな?
でも私は漬物苦手なので作っても食べれないけど・・・・。

 

毎日かき混ぜないといけないみたいだし・・・ちょっと続かないかもしれない。
自分が漬物好きだったらいいんだけどね。自分が作れば好きになるかな?

関連ページ

アラサーに入ってから乳毛をケノンで無くしたい
アラサーと言われる年齢になってから、乳毛が生えるようになってしまいました。いや、おそらく生まれたときから乳毛は誰にでも生えているとは思うのですが、私の場合、20代後半ぐらいから乳毛が急に濃くなってきてしまったのですよね。
美白ケアにはビタミンCが必要なんですよ。
美白ケアにはビタミンCは不可欠かもしれませんね。ビタミンCは抗酸化作用があるようで、メラニンの生成を抑制してくれるんですよね。
小顔になるフェイスマッサージ
顔をマッサージして小顔を目指そう!
スキンケア雑誌で情報収集
スキンケアは季節で違うし、新商品もでるので、雑誌で情報収集しなくちゃね。
旦那のすね毛はやっぱり無いほうが清潔感があって良いですね
最近はアイドルでもすね毛やその他の体毛をきちんとお手入れしている男性がすごく増えている印象があります。
肌の事を考えて
化粧は極力抑えた方が肌に良いのでは?と思う。
除毛剤の長所と短所
自分で脱毛処理をしている際に、カミソリなどで剃っているとぼつぼつが目立ったり、効果が長続きしなかったり、下手をすると皮膚を切ってしまったりすることも多いと思います。